忍者ブログ
Amino Shunsuke
Posted by - 2018.07.22,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by SHUNSUKE AMINO - 2009.12.06,Sun
何をやってもうまくいかない日がある。

今日は妻が友人の結婚式で朝から東京へ出掛けることになっていたので、俺は一人で山へ行く計画を立てていた。

南アルプスを間近で見てやろうと目的地の甘利山へ向かった。
が、なんと12月1日から県道が通行止めになっているではないか!
とても登山口まで歩いていけそうになかったので、敢え無く断念。

次に、曲岳・黒富士へ向かった。

県道は途中から雪。しかも凍結気味だった。



なんとか曲岳登山口まで辿り着き、さあ登るぞー!と意気込んだのも束の間、前から5、6人のパーティーが引き返してくる。まさか、下山の時間でもあるまい。

登山客「すべり台ですよ。」
俺「えー!」
つまり凍結しているということ。
登山客「軽アイゼンがあれば大丈夫だと思いますけど、僕ら持ってないんで今回は諦めました」

俺は一応軽アイゼンは持っていたのだけれど、実は今の登山靴と相性が悪くて、途中で取れてしまう可能性があった。
それに、彼らがいなくなれば確実に登山客は俺独りだけになる。
「万全じゃないな・・・。」
俺はまたもや登山を諦めざるを得なかった。
でも、めまい岩からしっかり八ヶ岳を撮影。



それでもどんな低山でもいいから登りたかった俺は、そこからずっと下った場所にある太刀岡山に登ることにした。
ここなら雪も無いし、頂上までそんなに遠くないから時間的にもまだ余裕があった。



この山にはロッククライミングのメッカとして知られているポイントがあり、そこには大勢のクライマーがいた。



しばしその模様を見学した後、再び頂上を目指した。

急な上り坂をひたすら登り、ようやく頂上に到着すると、
まるでご褒美であるかのように、目の前から富士山が出迎えてくれた。





富士山はいつ見てもきれいだ。近くで見るのも良いけど、少し離れた場所から眺めるのもまた良い。
買ったばかりのカメラで馬鹿かというくらい富士山の写真を撮った。
ちなみに、山頂は貸しきり状態でやりたい放題だった。



今回載っている写真は全て新しいカメラで撮ったんだけど、まだ使い慣れていない上に、
ホワイトバランスの調整を完全に忘れていたから色表現がいまいちになってしまった。
やっぱり、なにかと上手くいかない一日だったなあ。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
最新記事
最新コメント
[04/26 kenta]
[03/27 kenta]
[01/13 kenta]
[12/30 kenta]
[12/28 shunsuke]
プロフィール
HN:
SHUNSUKE AMINO
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1981/07/21
職業:
会社員
趣味:
登山・サーフィン・料理
最新トラックバック
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]